敏感肌に使いやすいオールインワンゲル、乳化剤

オールインワンゲルにも配合している成分によって、刺激に差があらわれます。
使用感も個人差がありますが。
敏感肌の人が使用する場合、ナチュラルよりの化粧品を選んでいく事がポイントです。
敏感肌の人は化学的に生み出された物質の影響を受けやすく、炎症や発疹というトラブルの影響を受けやすい問題があります。

乳化剤とは水と油を混ぜ合わせる為に用いる媒体ですが、化学的に作られた物は、敏感肌の人は使用しない様に注意していく必要性があります。
乳化剤にも人口的な物質と天然の物がありますが、前者はPEGやステアリン酸カルシウムを挙げる事が出来ますが、後者では卵や大豆から抽出が可能なリン脂質(レシチン)が代表的です。水を加えた水添レシチンという物がありますが、どちらもほとんど同じ役割を果たします。

目的に応じて美白オールインワンゲル関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

刺激としては個人差はやはり生じますが、オールインワンゲルに配合されている乳化剤では、天然の物から抽出した成分の方が比較的、安全となります。PEGもステアリン酸カルシウムも問題性が少ないですが、敏感肌の方は使用を避ける事がポイントです。


天然志向なオールインワンゲルでは、刺激が少ない成分をメインとして、配合している物は「水、BG(もしくはPG)、プロパンジオール、植物エキス、フェノキシエタノール、カルボマー」あたりです。

朝日新聞デジタル情報もきっとあるはずです。

そのような製品は、刺激が少なめなゲルになります。

使用感はさっぱりしている事が多いですが、肌には優しい製品です。